ビタミンリッチクリームのレシピ
 HOME > 手作り基礎化粧品1 > ビタミンリッチクリームの作り方


各種ビタミンと有用成分がリッチに配合されたクリームベースです。アンチエイジングに使われる基剤を追加してみました。スーパーエイジングケア原料として話題のヒトオリゴペプチドも配合♪

材 料
《出来上がり30ml》

ビタミンクリームベース
トリペプチド
セラミド
EGF(ヒトオリゴペプチド)



20g 
0.5g(15滴)
0.6g(18滴)
0.15g(5滴)


精油:ネロリ
1滴 


手作りクリーム
保湿保存剤=1,2−ヘキサンジオール(15滴) + 1,3ブチレングリコール(5滴)を入れてもOKです。
作り方
アプリコットカーネルバター ビタミンクリームベース
美白のビタミンC誘導体、小じわなどアンチエイジングにビタミンB5、再生を助けるビタミンA誘導体、酸化防止剤としてビタミンE、肌荒れに人気ののニームオイル、肌荒れや乾燥に最近注目のルイボス茶エキス、抗炎や再生のアロエ、保湿性と抗炎症性のミリスチン酸を含むアボカドオイル、保湿効果が高く皮膚を柔軟にするホホバオイルなど、とにかくリッチなビタミンクリームベースです。

ラベンダー精油 ネロリ精油
抗うつ 殺菌 鎮静 細胞促進 皮膚軟化 安眠 催淫 妊娠線 乾燥 老化 敏感肌 フローラルで甘く、上品で洗練された香り。
セラミド溶液 セラミド溶液
セラミドは角質の水分保持に重要な役割をもち、肌に潤いを与える他、乾燥肌、老化防止(シミ・シワ)とキメを整える有効成分である。


シンエイク トリペプチド
浸透・吸収しやすく、深部に働きかけコラーゲンの生成を促すと。 ハリと潤いを与え、目元や首などのシワ、アンチエイジング、リップケア等に使われる。
EGF(ヒトオリゴペプチド) EGF(ヒトオリゴペプチド)
高濃度で保存料を含まない。新しい皮膚細胞の生産を増加させる成分です。スーパーエイジングケア原料としてお勧めです。

 
ビタミンクリームベースにオプションの有効成分、保存剤を入れて、シリコーンゴムスプーンを使いよく混ぜてください。沢山オプションを入れると柔らかくなるので、加減しながら足していって下さい。出来上がったクリームは、冷蔵庫に入れると少し硬くなります。 手作り美容液のレシピ
精油またはフレグランスオイルを1〜2滴加え、よく混ぜて下さい。 いぼ取りバターのレシピ
保存用容器に入れて保存
保存の目安:(保存材を入れた時)‥‥‥‥冷蔵庫で2ヶ月
保存の目安:(保存材を入れない時)‥‥‥冷蔵庫で1ヶ月
 リペア美容液ベースの成分


Copyright(C)2003-2010 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。