手作りクリームのレシピ・作り方
 HOME > 手作り基礎化粧品1 > 手作り化粧水に有効成分を取り入れる2


手作りクリームと乳液にハーブ・生薬などの植物の有効成分を取り入れて利用する

作り方
クリームや乳液作りの時にこれらの液を精製水のかわりに利用出来ます。また、抽出された各エキスもクリームや乳液に加えることで、植物の有効成分をうまく取り入れる事が出来ます。

芳香蒸留水
ハーブウォーター,フローラルウォーターとも呼ばれる
植物から精油を抽出する際に採れる液体で、精油を微量含んでいる。
 ・ネロリ、ローズ、ラベンダー、カモミールなど

アロエジュース
液体状のアロエジュース
またはアロエベラジュース100%をフリーズドライし粉末にした200Xパウダーを精製水の溶かして作ったもの。

粉末0.5gに対し水100mlの割合で還元ジュースができる

浸出液(ハーブティ)
各ハーブの香り・水溶性の有効成分の効用を活かし、化粧水やコットンパック等に使用できます。
チンキ剤(ティンクチャー)の作り方の説明
浸出液、浸出油より有効成分の濃度が高い。水溶性/油溶性の両方の成分を抽出できる。濃度を5〜20%になるよう薄め化粧水やクリーム、入浴剤、フレグランス等に使用できます。

 チンキ剤(ティンクチャー)の作り方

浸出油(インフューズドオイル)の作り方の説明
浸出油は、各ハーブの香り、効用を活かしマッサージオイル、クリーム、石鹸に使用できます

 浸出油の作り方1:温浸法
 浸出油の作り方2:冷浸法

ビネガーの作り方の説明
浸出液、浸出油より有効成分の濃度は低くなりますが、マイルドな使い心地でアルコールにむかない人にもおすすめ。化粧水や入浴剤、ヘアリンス、お料理等に使用できます。

 ビネガーの抽出方法

1,3-ブチレングリコール(BG)の抽出方法
水溶性/油溶性の両方の成分を抽出できる。アルコール抽出より刺激が少なく、保湿効果がある。濃度を2〜10%になるよう薄め化粧水やクリーム等に使用できます。

 1,3-ブチレングリコール(BG)の抽出方法

はちみつ
ミネラルやビタミンが豊富で殺菌効果のあるはちみつは保湿も期待できる。

 ハーブハニーの抽出方法

Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。