手作りさっぱり日焼け止めクリームのレシピ
 HOME > 手作り基礎化粧品1 > さっぱり日焼け止めクリームの作り方


乳化剤のヒマワリワックスを使った、さっぱり系の手作り日焼け止めです。SPF2〜5ほどのレシピです!

材 料
《出来上がり約30ml》

レッドラズベリーオイル
ヒマワリワックス
精製水



2g
1g
20g


植物性コラーゲン
アスタキサンチン
二酸化チタン(水溶性)

1,2−ヘキサンジオール
1,3ブチレングリコール


3g
1滴
1g

15滴
5滴




 ・二酸化チタン(水)=ミニ計量スプーン1(0.6g)を約2杯弱
保湿保存剤=1,2−ヘキサンジオール + 1,3ブチレングリコール
二酸化チタンは必ず親水性のサンスクリーン剤の組み合わせでお作り下さい
作り方
アスタキサンチン
強力な抗酸化力で活性酸素を抑制し、シミの原因となるメラニン色素の沈着を抑える効果や紫外線による肌ダメージ、しわ、老化現象の予防に使われる。
シリコーンゴムスプーン
ダマをつぶしながら混ぜるのにとても便利なシリコーンスプーンです。クリームを無駄なく容器に移せ、ヘラのように使える。煮沸消毒(耐熱温度200度)もできます。


ヒマワリ乳化ワックス
熱を使わずに乳化剤としてクリームを作れる新しい乳化ワックス。熱に弱い有効成分を入れたい時に最適です。油分10%まで乳化でき、さらっとしたクリームができる。
レッドラズベリーオイル
強力な抗酸化力をもちメラニンの生成を抑える。自然な紫外線防止効果と抗炎症作用がある。


二酸化チタン:4%(SPF2〜5) 8%(SPF6〜11) 12%(SPF12〜19) 20%(SPF->20)
このレシピで二酸化チタンで‥‥‥SPF2〜5
容器に精製水と二酸化チタン(水溶性)を入れてよく溶かす。
そこにヒマワリワックスをいれてよくかき混ぜる。1分ほど混ぜると、抵抗を感じるようになりクリーム状になってくる。この時点ではまだ混ぜきれないダマが残る。
オイルを入れてよく混ぜる。この際にダマがなくなるまでよく混ぜる。シリコーンゴムスプーンは、周りについたクリームをきれいにとり、つぶしながら混ぜることができるのでとても便利です。まだ、ダマが残っていても<4>でなくなると思います。
お好みの有効成分(植物性コラーゲン、アスタキサンチン)と1,2−ヘキサンジオール、 1,3ブチレングリコールを加え、固さを確認しながら精製水を調節する。
保存用容器に入れて保存
保存の目安:(保存材を入れた時)‥‥‥‥常温で1ヶ月
保存の目安:(保存材を入れない時)‥‥‥冷蔵庫で2週間

Copyright(C)2003-2010 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。