手作りザクロクリームのレシピ
 HOME > 手作り基礎化粧品1 > ザクロクリームの作り方


人気のアンチエイジングのザクロオイル+シワには蛇の毒+再生力アップのEGF入りクリーム!

材 料
《材料1》 出来上がり50ml

ポメグラネイトオイル
オリーブワックス
精製水



10g
2g
40g


EGF(ヒトオリゴペプチド)
シンエイク
アルファリポ酸

1,2−ヘキサンジオール
1,3ブチレングリコール

10滴
2ml
0.2g

20滴
10滴



手作りクリーム
保湿保存剤=1,2−ヘキサンジオール + 1,3ブチレングリコール
アルファリポ酸 0.1g (ミニ計量スプーン1/10スプーンで1杯)
作り方
ポメグラネイトシードオイル
ザクロの種子から抽出された栄養価の高いオイル。抗酸化作用がアンチエイジングとして注目。老化、乾燥、日焼け後に保湿と弾力性、再生を助け保護します。
アルファリポ酸
コラーゲンの再生を促し、高い抗酸化力で紫外線から守る。開いた毛穴・美白・気になる加齢・血行促進にも。抗酸化成分を再活性化させ、持続させると言われている。


EGF(ヒトオリゴペプチド
ノーベル賞を受賞した原料です。新しい皮膚細胞の生産を増加させる成分でアミノ酸から形成されるタンパク質の一種です。スーパーエイジングケア原料としてお勧めです。
シンエイク
ヘビの毒に麻痺効果があり、表情筋の筋肉に細胞レベルに働きかけ、収れんを抑制することで、目元、口元の表情ジワの減少に有効です。 アルジルリンの6倍以上

 
耐熱容器に《材料1》と精製水を計り入れる。大きめの鍋で同時に湯煎にかけ、それぞれを60℃くらいまで温める。乳化ワックスを溶かし《材料1》をよく混ぜておく。
湯煎からおろし《材料1》に精製水25mlを入れ、1〜2分よく混ぜる。電動クリーマーがあると便利です。温度が下がらない時点でアルファリポ酸を加えてよく混ぜる。
油浮きせずに白っぽく乳化していることを確認し、さらに2〜5分よく混ぜます。冷めてくると少しづつ乳液状に固まってきます。夏の暑い時は、ぬれた布巾の上で混ぜると冷めるのが早まります。
ここで水分の量をお好みの乳液の固さで加減して下さい。時間の経過とともに少し固くなっていきます。
冷めたら有効成分(シンエイク、EGF(ヒトオリゴペプチド))と1,2−ヘキサンジオール 、1,3ブチレングリコールを加えてよく混ぜる。電動クリーマーを使ったときは、トントンとよく空気抜きをして下さい。
保存用容器に入れて保存
保存の目安:(保存材を入れた時)‥‥‥‥常温で1ヶ月
保存の目安:(保存材を入れない時)‥‥‥冷蔵庫で2週間
材料を温めるときに電子レンジを使う場合は、20秒ごとに様子をみて目を離さない。  
 
厚紙を差し込む場所

Copyright(C)2003-2010 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。