イボケアバターのレシピ
 HOME > 手作り基礎化粧品1 > イボケアバターの作り方


目元や首・腕などに現われるイボに似たようなポツポツした角質粒、イボにハトムギオイルやアプリコットカーネル(杏仁)というオイルが新陳代謝を助けマッサージオイルなどに使われてきた。そのオイルのバタータイプ、オイルより保湿に優れる。

材 料
《出来上がり15ml》

はと麦オイル
アプリコットカーネルバター
ビタミンA



2〜3g
10g
5滴


1,2−ヘキサンジオール
1,3ブチレングリコール
3滴
7滴


手作りクリーム
ビタミンAは入れなくてもOKです。ビタミンAを入れた場合はナイトケア用にお使いください。
保湿保存剤=1,2−ヘキサンジオール + 1,3ブチレングリコールは入れなくてもOKです。
作り方
アプリコットカーネルバター アプリコットカーネルバター
杏仁オイルとも呼ばれ、すべての肌質に合い、保湿があり乾燥肌、敏感肌、トラブル肌、赤ちゃん用のボディマッサージにおすすめ。イボケアにむくオイル。
はと麦オイル はと麦オイル
目元や首・腕などに現われるイボに似たようなポツポツした角質粒、老人班、イボにヨクイニンエキスという成分が効果的といわれ使われてきた。


ビタミンAオイル ビタミンA
古い角層をやさしく取り除き、肌の新陳代謝を高め、コラーゲンの生成を促進しうるおいを与える効果から、老化・シワに対する有効成分として利用されています。
28℃前後で固まりますが品質には問題ございません。その際には手のひらの温度で温めて溶かしてください。

 
アプリコットカーネルバターは室温で柔らかめのバターになります。はと麦オイルを少しずつ入れてシリコーンゴムスプーンを使いよく混ぜてください。硬めのクリームがお好みの方は、はと麦オイルを控えてください。 イボ取りバターのレシピ
ビタミンAオイルを加えさらによく混ぜてください。 いぼ取りバターのレシピ
保存用容器に入れて保存
保存の目安:(保存材を入れた時)‥‥‥‥常温で1ヶ月
保存の目安:(保存材を入れない時)‥‥‥冷蔵庫で2週間

Copyright(C)2003-2010 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。