藍の手作り化粧水のレシピ
 HOME > 手作り基礎化粧品1 > 藍のニキビ用化粧水


藍色の染料で古来から抗菌目的に使われてきた和漢植物です。抗アクネ菌作用などミキビに!

材 料
BG抽出エキス
 ・藍エキス
 ・ビワの葉エキス

アロエジュース
アラントイン

1,3-ブチレングリコール
1,2-ヘキサンジオール


3g
3g

90g
0.4g

2g
1.5g


《BGエキスの材料》

〈藍シエキス〉
・1,3-ブチレングリコール
・1,2-ヘキサンジオール
・精製水
・藍

〈ビワの葉エキス〉
・1,3-ブチレングリコール
・1,2-ヘキサンジオール
・精製水
・ビワの葉




14g
1.8g

14g
6g


14g
1.8g

14g
6g







 ・アラントイン=ミニ計量スプーン1/2(0.5g)
BG=1,3-ブチレングリコール
作り方
・1,3−ブチレングリコール (13-Butylene Grycol 、13-Butanediol )
アセトアノレデヒドを合成して得られる。グリセリンよりさっぱりした感触の保湿剤で刺激も少ない。アルコールに敏感な人向けの植物エキス抽出剤。
←ハーブの抽出に便利な透明プラスティックボトル・容量30ml
 アラントインの利用法
アラントイン
コンフリーの葉や根に含まれる成分で、肌荒れを防止する。敏感肌用化粧品に用いれられ、アレルギー性物質の刺激を抑制するので、他の有効成分と一緒に配合される。

各東洋ハーブのBGエキスを下記の作り方で作ります。
 1,3-ブチレングリコール(BG)の抽出方法(←おすすめ)
 
1,3-ブチレングリコール(BG)の抽出方法
アロエベラジュースを少し温めて、アラントインを混ぜよくとかす。そこに各BG生薬エキスを加えよく混ぜる。
<2>へ1,3-ブチレングリコールと1,2-ヘキサンジオールを加え、さらによく混ぜ合わせて出来上がり。
容器に入れて保存
保存の目安‥‥‥‥常温で約1ヶ月

敏感肌、初めての方はBG抽出エキスを全体の2〜3%でお使い下さい。
Copyright(C)2003-2007 Orangeflower, All rights reserved.
オレンジフラワーのすべての画像・データの模倣・無断転写・画像の加工は固く禁止いたします。
これらを発見した場合は、法的手段を使わせて頂きます。