WHAT'S NEW

乳鉢を使わないボディパウダーHow To

手作りバディパウダー、フットパウダー、デオドラントパウダーやガルシャナに使うパウダーは、
数種類のパウダーを混ぜて作る事があります。
均一に混ぜるのに便利な乳鉢がなくても簡単にパウダーを混ぜる方法を説明します。

Material

  • マイカパウダー・タルク・セリサイト
  • ホワイトカオリン・クレイパウダー
  • 酸化亜鉛
  • コーンスターチ
  • 珊瑚・真珠・シルクパウダー
  • 重曹
  • ハーブパウダー 他

手作りファンデーション

手作りボディパウダーの混ぜ方

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷
簡単手作りボディパウダー
少し多めのパウダーを混ぜる場合

ボディパウダーは量が多いのでジップロックには入りきらない場合があります。
そんな時は、ビニールの袋にパウダーを全て入れ、空気を少し入れて全体を少
しふくらませます。
そして、口が開かないようにねじってしっかり手で押さえ、袋ごとよく振り中
のパウダーを混ぜ合わせてください。
精油を入れる時には、スプレーで精油を ビニールの中に吹きかけるとダマになり
にくくなります。

マイカパウダー

ひと手間加えてさらさらパウダーにしましょう

乳鉢で擦っているとパウダー同士がくっついてペタッとしてしまうことがあります。
また、違うパウダー同士を混ぜ合わせるときや精油などの液体の香料を入れたとき
にも一度、パウダーをふるうとダマがなくなりパウダー同士が馴染みます。
一手間加えるだけで出来上がりがきれいになりますし、パウダーの間に空気が入り
ますのでふわっとした感じにも仕上がります。

網が二重になった二重茶こしを使うととても便利です。他にも、クレイパウダーや
ハーブパウダーを使うときにこすとダマができにくくなります。


マイカパウダー

Orangeflower Shop

ミニスプレーボトル
ミニスプレーボトル
手の中に収まる透明なPET製のスプレーボトルです。容量が10mlと小さく手作り香水や化粧品を持ち歩くのに便利なボトルです。
茶こし
茶こし
ハーブティー、浸出油などの液体やクレイパウダー、カラーパウダー、ハーブパウダーなどの粉を二重網で濾すとダマができにくくなります。
乳鉢
乳鉢
磁製の乳鉢と乳棒付きです。直径9と12pのサイズがあります。手作りコスメで酸化鉄などの色剤を混ぜるのにあると便利な道具です。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。