WHAT'S NEW

手作りカラーコスメのよくある質問よくある質問

手作りファンデーション、チーク、アイシャドウの作り方のよくある質問をまとめてみましたので、ご参考になさってみてください。

手作りファンデーション作り方の質問と答え

作り方

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷

優しい日焼け止めが希望ですが、石鹸で落ちやすいチタンや亜鉛はどれですか?

当店では、オーガニックタイプ(エコサート)の下記の2商品がオススメです。 親油性・植物由来コーティングあり/粒子が細かく、透明性と安定性に優れ石けん水で落ちやすいタイプとなります。

・【cs-04】二酸化チタン (アミノ酸コーティング)
・【cs-16】微粒子酸化亜鉛(アミノ酸コーティング)

サンスクリーン剤

* 二酸化チタンと酸化亜鉛を組み合わせてお使い頂くことも可能です。

手作りファンデーションパウダーを作りたいのですが、親水性と親油性のどちらがいいですか?

親水性は乾燥しやすいため手作り化粧品には親油性がよく使われています。 特にパウダリーファンデーションなどパウダー状で使うものは、親油性がお勧めです。クリーム状の物は、親水性でもよいかもしれません。 また、アミノ酸コーティングは、弱酸性で柔らかな感触の植物性由来のコーティングが使われていて、他に比べて石鹸で落ちやすいタイプとなります。

* 手作り石鹸には親水性/親油性が使えますが、親水性がよく使われているようです。

微粒子に酸化チタンと微粒子亜鉛を入れたらクリームが分離してしまいました。

オリーブ乳化ワックスは、エマルシファイイングワックスと比べるとあわせる精製水の量が少ないとクリームが分離しやすくなります。
微粒子の二酸化チタンや酸化亜鉛は少量でもふわふわしていて嵩(かさ)が大きいですね。
そのため、粉が精製水を吸ってしまい、乳化させるための精製水の分量が減ってしまいます。すると出来上がり寸前でクリームが分離してきてしまうことがあります。
もし、分離してしまったときはあきらめず精製水を足してから、再度湯煎で温度を上げて頂き、クリーマーで混ぜて下さい。

* 特に微粒子タイプの二酸化チタンや酸化亜鉛は、嵩が大きいためご注意ください。

パウダーがダマになる。

乳鉢で擦っているとパウダー同士がくっついてペタッとしてしまうことがあります。
手作りカラーパウダーのファンデーションやチーク、アイシャドウは、できあがった
粉を一度ふるうとダマがなくなります。
プレスする場合やクリームに入れる時も一手間加えるだけで出来上がりがきれいに
なりますし、パウダーの間に空気が入りますのでふわっとした感じに仕上がります。

網が二重になった二重茶こしを使うととても便利です。他にも、クレイパウダーや
ハーブパウダーをこすとダマができにくくなります。


マイカパウダー

色がなかなか合わずに粉が増えてしまった。

酸化鉄から色合わせをする場合、乳鉢の底に酸化鉄のパウダーが付いてしまいがちです。ゆっくりとベースの白い粉と混ざっていきますが、酸化鉄が混じったと思い込み、酸化鉄を追加していくとどんどん濃い色になってしまいます。
また、カラーパウダーでお好みの色をミックスしていくうちに量が増えていき、気に入った色にならずにただ量が増えてしまった。
こんな風にならないように乳鉢を使う際には十分に時間をかけて混ぜてください。そして、思うような色がでず別の色を追加する時は、少量を取り分けして試すようにしてください。

プレストの固さ:ファンデーションが固くなって粉がうまくパフにつかない。

オイルを多く入れ過ぎ練りすぎたとき、粘土のように固まってしまい粉がパフに付きにくくなります。オイルの入れすぎには注意して下さい。
プレスト表面を指で擦ったり必要以上にすると手の油分が表面に付き固くなってしまうこともあります。
また、無水エタノールを入れ練りすぎた場合にも固くなることがあります。クリームの様になるまで入れずに写真の様に乾いている粉がない位の湿り気にして下さい。
このような時は、粉をくずして少量の0.5〜1gのパウダーを足します。それを茶こしなどで一度こしてから、アルコールを足して再度プレスしてください。

カラーコスメのプレス方法

アイブロウを固くしたい場合にはBGやアルコールを少しだけ足すと固い仕上がりになります。

プレストしたファンデーションが割れてしまいました。

アルコールを多く入れ過ぎたとき、オイルを入れずにプレスしたときに乾燥しすぎて割れてしまうことがあります。 このような時も粉をくずして茶こしを使い、パウダー状にします。そして、オイルとアルコールを足して再度プレスしてください。

プレストしたファンデーションが金皿からとれてしまった。

アルコールを多く入れ過ぎたとき、オイルを入れずにプレスしたときにアルコールが乾燥した分、中身が少し小さくなり金皿からとれてしまうことがあります。 このような時も粉をくずして茶こしを使い、パウダー状にします。そして、オイルとアルコールを足して再度プレスしてください。このとき、アルコールを入れすぎないように注意が必要です。もし、アルコールを入れ過ぎたときは、少し乾燥するまで金皿に入れずに様子を見てください。写真の様にぼそぼそしていても濡れている感じがいいようです。

チークに香り付けをしたい。

アイシャドウなどカラーコスメの香り付けは必要ありませんが、
もしお使いになるとしたら精油や肌につけられるフレグランスオイルを
使うことができます。
敏感肌の方や目の回りに使うのアイシャドウは入れずにお使いください。
プレスする際に使うアルコールに混ぜて入れてください。

《配合量》
・フレグランスオイル/精油 ……… 金皿1個分:約1滴

* 精油は天然成分ですが作用が強い物もあります、敏感肌の方は十分注意してお使い下さい。

精油の禁忌


エッセンシャルオイル



手作り材料ショップ オレンジフラワーはこちら

Orangeflower Shop

酸化鉄3色パック
酸化鉄3色パック
無機顔料として手作りファンデーションの色づけに使える酸化鉄のパックです。少量でもしっかり色がつくため、少しづつ入れてお使いください。
カラーパウダー(Fシリーズ)
カラーパウダー
(Fシリーズ)
主にファンデーションやチークカラーとして混合されたマット系のカラーパウダーです。そのままでも使える便利なパウダーです。
プレストベースパウダー
ベースパウダー
 (プレスト用)
ファンデーションやチーク、アイシャドウがカラー素材を入れるだけで作れるミックスパウダーです。プレストする時にむいている。
コンパクト
コンパクト
コンパクト型の透明プラスティック容器です。別売の金皿をセットしてもお使い頂けます。プレストするときは別売の金皿をご使用ください。
茶こし
茶こし
ハーブティー、浸出油などの液体やクレイパウダー、カラーパウダー、ハーブパウダーなどの粉を二重網で濾すとダマができにくくなります。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。