WHAT'S NEW

リップクリームのよくある質問よくある質問

初めての手作り化粧品としてリップクリームを作る方はとても多いのではないでしょうか?
よくある質問をまとめてみましたので、ご参考になさってみてください。。

手作りリップクリーム

作り方

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷
リップクリームの香り付けにフレグランスオイルや精油は使えますか?

フレーバーオイルをお使い下さい。フレーバーオイルは、食品添加物グレードの香料です。口に入る可能性があるのでこちらをお勧めします。また、香料としてフレグランスオイル、精油というものもありますが、こちらは当店ではお勧めしておりません。もしお使いになる場合は、リップクリーム1本(5ml)に1滴ほどにして下さい。精油は作用が強いものもありますので特に注意が必要となります。
プルーンオイル、オレンジバター、カモミールバター、ラベンダーバター、抹茶バターなどのようにオイル自体に香りがある油脂をお使いになると後から香料を加えなくてもほんのり香ります。

保存剤は入れないといけませんか?

オイルとワックスでできたリップクリームは、防腐剤は必要ないと考えています。口に入ることも考慮し、ビタミンEオイルやウィートジャムオイルなどの酸化を防止するものがお勧めです。保存の目安は、常温で約3ヶ月以内となりますが、使用するオイルが酸化しやすいオイルの場合は1ヶ月ほどになる事も考えられます。保存期間はあくまでも目安としてお考え頂き、酸化臭がしたり、使い心地に違和感を感じた場合には使用を中止して下さい。

リップクリームの酸化防止剤

ざらつきのあるリップクリーム(軟膏)になってしまいます。

 ・手作りリップクリーム(軟膏)のレシピにココアバターなどのバター類が入っている。
 ・リップクリームを作るときにバターの温度を上げすぎたとき。
 ・もともとのバター自体のテイストにざらつきがある場合があります。
 ・特に初夏から秋の初めの気温が高いとき。
 ・オイルに溶けないパウダー類を入れたとき。

これらの場合に出来上がり2〜3日以上経過してからざらつきがでる、使用中に急にざらつきがでることも多くあります。 特に、シアバター、ココアバター、マンゴーバター、ムルムルバターはザラつきがでることが多いバターです。全てのざらつきがこれらの原因とは限りませんがご参考になればと思います。

テンパリング(温度調節)について



手作り材料ショップ オレンジフラワーはこちら

Orangeflower Shop

リップチューブ
リップチューブ
底を回すと中身がでてくるリップチューブです。中の色がうっすら見える半透明、キャップは3色から選べる。
ミクロスパーテル
ミクロスパーテル
(薬さじ)微量の原料を取ったり、混ぜるのに便利です。リップの固まるかどうかのチェックにも使える。
ビタミンE
ビタミンE
ビタミンEは酸化防止剤として、他の植物性オイルとブレンドしたりしてお使いただけます。
フレーバーリップクリーム
フレーバーオイル
食品グレードのオーガニック素材の香料です。手作りリップクリームの香り付けにお勧めの香料です。
手作り石鹸
バームクリームベース
溶かして固めるだけ、お好みでオイルや香りを足してリップクリームが作れます。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。