WHAT'S NEW

手作り石鹸Making






基本の手作りリキッドソープ(液体石鹸)

魅せるリキッドソープの素

上級

リキッドソープの素が一瞬の美しさで魅了します。

材料《 Oil総重量:200g 》 

リキッドソープの素
ココナッツオイル150g
オリーブオイル30g
キャスターオイル20g
苛性カリ(ディスカウント0%)57g
精製水(50%)100g
無水エタノール(20〜30%)50g
希釈リキッドソープ 《出来上り約200g》
リキッドソープの素50g
ローズウォーター(2倍希釈の割合)100g
精製水50g
クエン酸0.25g
カラージェル:ワインレッド0.5〜1滴
無水エタノール少量
精油:ラベンダー5〜8滴

* 無水エタノール50g (約62ml ) → アルカリ計算機

グラム変換表

作り方

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷

紙コップに苛性カリと耐熱容器に苛性カリを入れ、混ぜながら完全に溶かします。苛性ソーダほど反応は激しくありませんが、よく換気をし吸い込まないようにしてください。温度は60〜70℃くらいに温度調節します。

作り方

ボウルにオイルを量り、湯煎にかけ温度を60〜70℃まで温めます。オイルは温度が上がり続けますので、目標温度の少し前に湯煎から下ろします。引火しやすいアルコールも使いますので電磁プレートがお勧めです。

Soap

苛性カリ水をオイルの入ったボウルに加え、ヘラで3〜5分よく混ぜてください。湯煎にかけて80〜90℃になるまで温度を上げます。アクのような固まりが浮いています。

手作リキッドソープ

ここからは特に沸点78.5℃のエタノールを使用しますので火気厳禁です。IH電磁調理器などの電化製品は使用場所を考え、エタノールの側では使わないようにします。エタノールは揮発性の成分ですので、細心の注意を払い作業します。また、作業中にエタノールを吸い込まないようにしてください。お部屋の窓を開け十分に換気をします。

グリセリンソープ

エタノールを入れ混ぜていると表面に泡がでてきます。ヘラを入れると細かい泡がたくさんでてきて、ふき上がりそうになるので、「軽く混ぜる」→「ヘラを出す」を繰り返して様子を見ながら軽く混ぜます。エタノールを入れてからこの反応が出るまではオイルの種類により変わります。ココナッツオイルだけで5〜20分となります。

エタノールを使用するので必ず火元を止めて作業し、湯煎が冷めたら安全を考慮し温め直します。

手作り石鹸

しばらく混ぜると反応がおさまり、液体が重く半透明のジェル状になります。半分量のジェル状の石鹸をモールドに流します。その後、残り半分にあらかじめエタノールと混ぜておいたカラージェルで色付けして、よく混ぜてから上から流します。

透明

2時間〜1日ほどよく保温します。アルカリ度が高いときは保温する方が鹸化が進むのでアルカリ度の下がりが良くなります。phによってはすぐに使えますが、2〜3日置いておくとマイルドな使用感になります。

できあがったリキッドソープの素は、pHが落ち着く3〜4日後に希釈をします。できあがった石鹸の素で約7回分のリキッドソープを作ることができます。

保存の目安
 ・常温保存……約1〜2年



手作りリキッドソープ

耐熱ガラス容器に小さくした固まりのリキッドソープの素を入れて、温めたローズウォーターを静かに計り入れます。

作り方

時々、静かに混ぜながらこのまま数時間〜1日くらい放置すると、透明なリキッドソープに溶けていきます。急ぐときは軽くラップをして、お湯が沸かないよう10秒ずつ確認しながら繰り返し電子レンジで熱を加えます。ソフトオイル、アルコール無しで作ったリキッドソープは、曇りがでることが多くあります。

Soap

希釈した液のペーハーをペーハー試験紙や測定器で測定します。

 ・pH値は9.2〜10くらいが理想的

手作り石鹸のpH

手作リキッドソープ

pH調節にクエン酸を使いますので、約5%溶液を作ります。ビーカーに精製水とクエン酸を入れて溶かします。

手作り石鹸

溶けたクエン酸溶液を少しずつリキッドソープの中にいれます。pHを確認しながら何度かに分けて調節していきます。最後の微調節は、スポイトなどを使うくらい慎重にしてください。入れ過ぎると分離することがあり元には戻りません。

酸性成分が入ると、一瞬、白濁しますがよく混ぜると戻ります。

透明

リキッドソープを40℃くらいに温めると精油が混ざりやすくなります。精油がよく混ざったらカラージェルを混ぜていきます。

香り付の時は、立ち上る香りを吸い込まないように気をつけてください。

精油の禁忌
カラージェルの色見本


 保存の目安

 ・冷暗所保存……約3〜4週間


手作りリキッドソープ

Memo

リキッドソープの素をきれいにカットする

リキッドソープの素はエタノールが入っていて、いつものCP石鹸とは切る感触が全然違います。切った瞬間にくっついてしまいますので、1つずつ丁寧に切り分けましょう〜

カラージェルをきれいに混ぜる方法

当店のカラージェルのうち(色のにじみあり)のタイプをお選びください。
カラージェル(マリンブルー、エメラルド、レモンイエロー、オレンジ、ワインレッド、カシスグレープ,バイオレッドブルー)
その他のカラージェルは、これらに比べると透明度がやや落ちます。 カラージェルは少量でも色が濃くでます。別容器に2〜3滴たらしてエタノールを混ぜておきます。楊枝の先などを使い、少量のカラージェルをとります。そして、少しずつ色を追加していくことで、お好みのカラーにするとよいでしょう。

カラージェルの種類・使い分け


エタノールを使う前によくお読み下さい。

◇エタノールは約78℃で気化して可燃性ガスとなり、火気の近くでは引火・爆発することがあります。使用する時は、風通しに気をつけ、通電している電化製品や火気の近くには、絶対に置かないでください。◇皮膚や目を痛めることがあります。◇濃いアルコールに直接皮膚をさらすと、荒れる可能性があります。◇アルコール消毒などで反応が出てしまう敏感な方は、使用はおやめください。◇直接目に入ると刺激があります。すぐ水でよく洗ってください。ひどい場合には医者の手当を受けてください。



  • 苛性カリは危険物です、取扱いや保管には十分気をつけ、お子様やペットの手が届かない所で保管します。
  • 食べ物ではありませんので、お子様やご高齢の方が誤って口に入れないよう十分に気をつけてください。
  • 危険物を扱いますので細心の注意を払い、自己責任で行ってください。

当店のリキッドソープの元の写真の見せ方の一部は、Aromatica様に許可を頂いております。講師資格はAromatica様へ

Orangeflower Shop

キャリアオイル
オイル1
キャリアオイル、ベースオイル、アロマオイル、手作り石鹸や手作り化粧品の材料にお使いいただける100%天然成分の植物性/動物性のオイルです。
クエン酸
クエン酸
レモンやミカンなどに含まれる酸味成分で、白色無臭の粉末結晶で、なめると酸っぱい。アルカリ性を中和させるpH調節材として用いる。
カラージェル赤
カラージェル
リキッドタイプのカラーは、使いやすく簡単に混ぜることができます。MPソープ、バスフィズ、手作り化粧品・石鹸の色付けに使う事ができます。
エッセンシャルオイル精油
精油
当店のエッセンシャルオイルは、100%ピュアなオイルで、保存料などの添加物は一切加えていない天然の香料です。
ローズウォーター
ローズウォーター
オーガニックのフローラルウォーターです。水蒸気蒸留法で精油ととれるので、微量の精油成分が含まれるので、手作り化粧水に簡単に使える材料です。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。