WHAT'S NEW

手作り石鹸Making

てづリキッドシャンプー

シトラスのリキッドシャンプー

上級

シトラスの香りのさっぱりシャンプーが私のお気に入り。セルロースを入れることで泡立ちが良くなりとろみもでます。

材料《 Oil総重量:100g 》 

リキッドソープの素
ココナッツオイル25g
椿オイル50g
グレープシードオイル25g
苛性カリ(ディスカウント-3%)24.3g
精製水50g
無水エタノール30g
希釈リキッドソープ 《出来上り約400ml》
精製水230g
ベタイン15g
グリセリン15g
セルロース 0.2g
1,2−ヘキサンジオール 8g
1,3ブチレングリコール 6g
精油(1〜2%)※ 4〜8g

* オレンジフラワーのアルカリ計算機

グラム変換表

作り方

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷

容器にベタイン、セルロース、グリセリン、1,2−ヘキサンジオール、1,3ブチレングリコールと精製水の80gを合わせておきます。


リキッドソープの保存の材料

リキッドソープ

紙コップに苛性カリと耐熱容器に苛性カリを入れ、混ぜながら完全に溶かします。苛性ソーダほど反応は激しくありませんが、よく換気をし吸い込まないようにしてください。温度は60〜70℃くらいに温度調節します。

作り方

ボウルにオイルを量り、湯煎にかけ温度を60〜70℃まで温めます。オイルは温度が上がり続けますので、目標温度の少し前に湯煎から下ろします。引火しやすいアルコールも使いますので電磁プレートがお勧めです。

Soap

苛性カリ水をオイルの入ったボウルに加え、ヘラで3〜5分よく混ぜてください。湯煎にかけて80〜90℃になるまで温度を上げます。アクのような固まりが浮いています。

手作リキッドソープ

ここからは特に沸点78.5℃のエタノールを使用しますので火気厳禁です。IH電磁調理器などの電化製品は使用場所を考え、エタノールの側では使わないようにします。エタノールは揮発性の成分ですので、細心の注意を払い作業します。また、作業中にエタノールを吸い込まないようにしてください。お部屋の窓を開け十分に換気をします。

グリセリンソープ

エタノールを入れ混ぜていると表面に泡がでてきます。ヘラを入れると細かい泡がたくさんでてきて、ふき上がりそうになるので、「軽く混ぜる」→「ヘラを出す」を繰り返して様子を見ながら軽く混ぜます。エタノールを入れてからこの反応が出るまではオイルの種類により変わります。

エタノールを使用するので必ず火元を止めて作業し、湯煎が冷めたら安全を考慮し温め直します。

手作り石鹸

しばらく混ぜると反応がおさまり、液体が重く半透明のジェル状になります。オイルの種類によってはこの時点で透明でなく白っぽい場合もあります。ラップでふたをして60〜70℃で30分保温します。

電磁プレートの定温(保温)にしておくと便利ですが、目を離さないようにしてください。

透明

アルカリ度がph12強と高いときはさらに30〜2時間ほど、保温箱や保温バックでなどでよく保温します。保温する方が鹸化が進むのでアルカリ度の下がりが良くなります。

耐熱ガラス容器にペースト状のリキッドソープの素を入れて湯煎に掛けます。よく混ぜた〈1〉を入れて、固まりを潰しながらよく混ぜます。ラップをしてお湯が沸かないよう定温にしながら、途中で混ぜるのを繰り返しきれいに溶かします。この時に温度が60℃になるようにします。

作り方

7割くらい溶けたら湯煎からおろして、残りの精製水を加えて混ぜます。固まりが溶けて粗熱が取れるまで、何度か途中でよくかき混ぜます。精油を加えてさらによく混ぜましょう。

Soap

希釈した液のペーハーをペーハー試験紙や測定器で測定します。

 ・pH値は9.2〜10くらいが理想的

手作り石鹸のpH

手作リキッドソープ

もしpH11強以上あるようでしたら、ビーカーに精製水20gとクエン酸0.1gを入れて溶かしクエン酸溶液を作り、少しずつpHを確認しながら何度かに分けて調節していきます。最後の微調節は、スポイトなどを使うくらい慎重にしてください。入れ過ぎると分離することがあり元には戻りません。

酸性成分が入ると、一瞬、白濁しますがよく混ぜると戻ります。

透明

苛性ソーダのついた道具は、お酢かクエン酸水をスプレーし中和してからゴム手袋をして台所洗剤で洗います。道具についた石鹸生地も中和させてから新聞紙やキッチンペーパーで拭き取り、必ずビニール袋に入れ燃えるゴミとして捨て、排水溝には流さないでください。

 保存の目安

 ・冷暗所保存……約1ヶ月

手作り石鹸のpH


石けん

Memo

【シトラス・消臭ブレンド】※このレシピに使用
マンダリン5.2g + セージ1.6g + レモンティートリー0.8 + スペアミント0.4g

【フケ・消臭ブレンド】
ローズマリーシネオール3.2g + ラベンダー3g + ティートリー0.8g

【就寝前リラックスブレンド】
ラベンダー2.8g + ネロリ0.8g + ローズゼラニウム1.2g + パルマローザ3.2g

精油の注意事項をお読みになり、量を減らしたり精油をかえたり調節してください。

精油の禁忌について

ブレンド精油の期待できる効能




レシピ







石鹸作りの準備

《場所》
苛性カリの蒸気を吸い込まないよう、部屋の換気を良くし、作業スペースに新聞紙をひくなどしてカバーします。

ソープナッツ


《服装》
マスク、ゴム手袋、エプロン、眼鏡かゴーグル着用し、吸い込んだり、皮膚に付かないよう服装でも保護します。

透明石鹸


《道具》
計り、紙コップ、温度計2本、湯煎用なべ、耐熱ガラス容器、ボウル、泡立て器、ブレンダー、計量スプーン、へら、石鹸型、保温用毛布/タオル、カットナイフ


* 道具類は苛性ソーダに反応しない素材を選びます。
 ○…ステンレス、ガラス、ほうろう
 ×…鉄 アルミ




石鹸作りの道具

エタノールを使う前によくお読み下さい。

◇エタノールは約78℃で気化して可燃性ガスとなり、火気の近くでは引火・爆発することがあります。使用する時は、風通しに気をつけ、通電している電化製品や火気の近くには、絶対に置かないでください。◇皮膚や目を痛めることがあります。◇濃いアルコールに直接皮膚をさらすと、荒れる可能性があります。◇アルコール消毒などで反応が出てしまう敏感な方は、使用はおやめください。◇直接目に入ると刺激があります。すぐ水でよく洗ってください。ひどい場合には医者の手当を受けてください。

  • 苛性カリは危険物です、取扱いや保管には十分気をつけ、お子様やペットの手が届かない所で保管します。
  • 危険物を扱いますので細心の注意を払い、自己責任で行ってください。

当店のリキッドソープの元の写真の見せ方の一部は、Aromatica様に許可を頂いております。講師資格はAromatica様へ

Orangeflower Shop

ココナッツオイル(石鹸用)
ココナッツオイル
 (石鹸用)
精製ヤシ油100%無添加、食用のものです。石鹸作り用の材料としてお使い頂けます。〈約25℃以下で固まる〉
グレープシードオイル
グレープシードオイル
ブドウの種子から抽出される淡いグリーンのきれいな色のオイル。使い心地はさっぱり軽い伸びのよいオイルです。
ベタイン
ベタイン
ビート糖(砂糖大根)から得られた、植物性の天然アミノ酸系、保湿剤です。水に溶けてベタつきがなく、サラっとした使用感で使いやすい。
セルロース
セルロース
泡立ちの悪い手作り石鹸やリキッドソープ、シャンプーの泡立ちをよくしてくれ、液体にとろみを付けてくれる非イオン性水溶性セルロースです。
ph試験紙
ph試験紙
ph1.0〜14.0全域測定/幅7mm×5m(変色カラーチャート付き) 大よそのpHを測るのに最適です。 ロール式なので必要な長さに切って使えます。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。