WHAT'S NEW

手作りアミノ酸石鹸Making

マンジスタ石鹸

HPでのアミノ酸石鹸のレシピは後日公開予定
レシピと3色ハーブ付の手作りアミノ酸材料セット販売中

マンジスタ石鹸

中級

肌の健康によいアーユルヴェーダハーブのマンジスタを入れたアミノ酸石鹸です。

材料《出来上がり 約70g×2》

《材料A》

ココイルグルタミン酸(Tタイプ) 
  
  
精製水40g
プロパンジオール40g
1,2-ヘキサンジオール5g
マンジェスタパウダー10g
  
植物抽出エキス(プロパンジオール)5〜10%
  

ぷるぷる石鹸(タマリンド使用)同様に、当店オリジナルレシピ(プロパンジオール使用、酸化防止剤)ですので、無断転載はお断りします。

グラム変換表

作り方

  • twitter
  • facebook
  • googleplusone
  • line
  • pinterest
  • mail
  • 印刷

アミノ酸石鹸の材料の1つであるプロパンジオールでハーブ抽出液を作ります。使用するレシピの半分〜全部を抽出したプロパンジオールに置き換えます。

植物抽出エキス(プロパンジオール)の作り方:冷浸法

植物抽出エキス(プロパンジオール+ヘキサンジオール)の作り方:冷浸法

マンジスタ石けん

まず先にココイルグルタミン酸と《材料A》をIH・電磁調理器に対応の容器に入れ、軽く混ぜてプレートにのせ90℃を超えないようにし完全に溶かします。溶けたらプレートから下ろしておきます。

マンジスタ石鹸作り方

《材料B》をIH・電磁調理器に対応の容器に入れ軽く混ぜあわせ、プレートにのせます。85℃でプレートから下ろします。

マンジスタ石鹸の作り方

( 1 )をプレートに直接のせて温度を85〜90℃くらいまで上げます。( 2 )の液をスプーンで受けながら少しずつ入れて、しっかり混ぜ合わせます。1〜2分よく混ぜますが、泡はなくなっていません。

弱酸性と弱アルカリ性の化学反応で泡が少しでます、熱すぎるとたくさんでます。

マンジスタ石鹸のレシピ

1〜3分ほど静かに保温と加温を繰り返しながら泡が減るまで見守ります。固まってきたら加温しますが、加熱しすぎると泡立つので注意してください。慣れてくるとなるべく低温、短時間で黄色くなるのを軽減出来ます。

香りと色を入れるときは、ここで入れてください。

マンジスタ石鹸の材料

温度が下がると固まりだしますので、小さな泡をよけながら手早く静かに型に流します。室温、または冷蔵庫(冷凍庫)で固めます。

マンジスタ石鹸の作り方

型から出して出来上がりです。表面が綺麗に型だし出来なかったときは、表面を擦るように水で洗い流します。

表面を綺麗にする方法

マンジスタ石鹸の作り方

乾燥したらはやめに塩化ビニル樹脂製の伸びるラップでくるみ、空気をきれいに抜きます。石鹸の後ろ側に持って行き、テープで留めて出来上がりです。


アミノ酸石鹸のラッピングについて

マンジスタ石鹸作り方

 保存の目安

 ・常温保存……約6ヶ月

マンジスタ石鹸のレシピ

Memo

アミノ酸石鹸の透明度と色

このRecipeのように植物抽出エキスを入れる時などは、クリスタルのような透明度はそれほど必要ではありません。その時には酸化防止剤は入れなくてもよいかと思います。
クリスタルのようなアミノ酸石鹸を目指すときは、別ページに私の経験でまとめているページがあります。

アミノ酸石鹸の作り方のポイント



アミノ酸石鹸の作り方とレシピ

@ココイルグルタミン酸(Tタイプ)と液体《材料A》を量り入れます。
B温度管理はしっかり行います。プレートから下ろして静かによく混ぜます。《材料A》と《材料B》の温度差があったり、温度が高すぎると、一瞬、ふわっと化学反応が起きる事があります。
室温が低かったり、冷房の風が当たると石鹸素地の表面が泡とともに固まりやすくなります。


しつこい泡の取り方の説明

アルコールや精油は、入れ過ぎると出来上がりの石鹸が柔らかくなってしまいます。

アミノ酸石鹸の作り方とレシピ

(※1)C酸化防止剤を入れないときは、この位の時に泡をよけながら型に流します。
酸化防止剤を入れている時は、ある程度の時間、高温状態が続いても黄色くなりにくいので、作業を続けることが出来ます。石鹸液の中にある水が小さな水蒸気の泡となってみえています、あとで熱で膨らんでいた泡も減ることがあります。しばらくすると泡の質がかわり大きな泡がたまにボコっと出て来るようになるころ、泡はなくなってきます。

加温しすぎて煮立ってしまわないように、プレートの温度管理に注意を払います。


レース石鹸を入れたアミノ酸石鹸

レース石鹸を表面に入れたアミノ酸石鹸を作る場合、モールドの底にレース石鹸を置き、その上にアミノ酸石鹸を流すと、レース石鹸が動いてしまったりアミノ酸石鹸の色が前面に入り込んでしまいます。

@二段階で同時に2〜3個作る方法で作ってみました。先にモールドに5mm位の厚さで透明なアミノ酸石鹸を流して、冷凍庫でかためます。
A固まったらレース石鹸を上に置きしっかり押さえつけて位置がずれないように固定します。
B二回目のアミノ酸石鹸を作り温度が少し下がりだしやや重くなった状態で入れるとレース石鹸がしっかりおさまります。


マンジスタ石鹸の作ろ方




ブリンガラージ石鹸

アミノ酸石鹸の作り方とレシピ
植物抽出エキス
エキス入り手作りアミノ酸石鹸手作りアミノ酸石鹸

《各抽出エキスの材料》
 プロパンジオール …… 40ml
 精製水  ……………… 40ml
 1,2-ヘキサンジオール … 5g
 ハーブパウダー ………… 5g

手作りアミノ酸石鹸のレシピのうちプロパンジオールと精製水の分量の一部に抽出エキスを置き換えて下さい。

植物抽出エキス(プロパンジオール)の作り方:冷浸法

植物抽出エキス(プロパンジオール+ヘキサンジオール)の作り方:冷浸法

  • 必要以上に混ぜたり温度を上げすぎると泡が入ってしまいます。
  • 材料を高温にし続け過ぎると黄色くなりますので、こまめな温度管理が必要です。
  • 温度が高くなりますので、換気を行い十分気をつけて作業してください。

Orangeflower Shop

ココイルグルタミン酸
ココイルグルタミン酸
ココイルグルタミン酸はヤシ油の脂肪酸とグルタミン酸で構成されています。透明なアミノ酸石鹸の材料として使用されます。
植物性プロパンジオール
植物性プロパンジオール
植物由来のグリコールです。グリセリンと混ぜることで保湿力がアップし、BG同様に植物の抽出液としても使用できます。
トリエタノールアミン(TEA)
トリエタノールアミン(TEA)
弱アルカリ性の水溶性の成分です。pH調整剤、マンジスタ石鹸の材料としてお使い頂けます。
アミノ酸石鹸手作りセット
アミノ酸石鹸材料セット
透明アミノ酸石鹸を作る材料のセット販売です。3種類のハーブも付いています。約70gが4個作ることが出来る材料となります。
ハーブパウダー
ハーブパウダー
ハーブを細かくしたパウダーです。食用またはメディカルハーブグレイドのパウダーです。手作りゴマージュ、パック、抽出などにもお使い頂けます。

商品内容や保管・使用上の注意は、あらかじめ商品詳細ページにてご確認ください。